まず初めに カリエールモーション (以後カリエール)とは…
大臼歯の遠心移動を簡単に痛みなく効率的に行う事で
短期間での遠心移動を可能にする装置の事です。


それでは、一つの症例を例にご紹介させて頂きます。
患者A様10歳の時に カリエール を始めました。
まずこちらが、 カリエール スタート時の写真です。


噛み合わせが1歯対1歯になっていることが分かります。
つまり、出っ歯の噛み合わせです。

 
更にこの患者A様は、上の歯と下の歯の真ん中がずれていることが写真から分かります。


このように1歯対2歯の状態が良い噛み合わせです。

⇩3か月後⇩


ゴムを使い始めて 3ヶ月 が経ちました。
以前に比べて3番目の歯が下がっているのが分かります。


また、前歯に少し隙間ができており、上の歯と下の歯の真ん中が合ってきています。

⇩6か月後⇩


カリエールを使い始めて、 6ヶ月 が経ちました。
下の歯と歯の間に上の歯が入り込んでいます。
つまり、 1歯対2歯の関係 になっていることが分かります。


前歯に隙間ができてきたので、前歯4本に装置をつけました。
正中のズレがほとんどなくなっていることが分かります。
これは、 カリエール の特徴の一つで、メカニズムはまだ解明されていませんが、
上の前歯が自然に正中を合わせるように歯がスライドしていきます。

この後、 カリエール を外してできた隙間に向かって上の前歯を下げる治療を開始しました。

今はまだ治療中ですが、期間として カリエール をつけてから今 1年 が経過したところです。
今後、半年もかからず終われる予定です。

患者A様とお母様は歯を抜かずに治療ができた事、
また早く治療が終われる事にとても喜んでおられました。

患者A様のように出っ歯等で悩まれている方は、
何かお力になれる事があるかもしれませんのでお気軽にご相談下さい。