こんにちはsmiley 歯科医師の高柳です
前回は、インビザライン治療の検査からマウスピースが届くまでの流れを説明しました
今回は、マウスピース治療の流れを実際に患者様を例に挙げて説明していきたいと思います

患者様は女性で、初診時15歳でした。
前歯のがたつきが気になるということで来院されました。
初診時の写真です。
上下ともに叢生(がたつき)があり、正中が上と下で合っていないことが
わかります。







検査をしてから6週間後にマウスピースが届きました。
アライナー(マウスピース)は治療終了までのマウスピースが全て届きます。
まずは、アライナーを使用するにあたっての注意事項を説明し、1つ目のアライナーの取り外しの練習等を行っていきます。
クリーンチェックシュミレーションを使って今後の治療計画の説明もしていきます。

 

アライナーを二つお渡しし、一つを2週間ずつ使っていただきます。
次回の来院は1か月後になります。

1か月後、3番目のアライナーの時にアタッチメントと呼ばれる樹脂を歯の表面につけていきます。
これは患者様によってつく位置も形も大きさも異なってきます。



また患者様によって治療の途中で,ディスキング(IPR)を行うことがあります。
ディスキングとは、歯が並ぶスペースがない時に0.2ミリから0.5ミリくらいエナメル質を削ります。
これも行うタイミングや量など患者様によって様々です



アライナー3番目からは基本的に1週間ずつの交換になっていきます。
ここからは基本的に2か月から3か月に1回の来院になっていきます。
よく見る歯の表側に装置をはる矯正は針がねの調整が必要になりますので1か月に1回の来院ですが、
インビザラインは来院回数が少ないので、調整料も少なくて済みます
忙しくて毎月通えない方にはおすすめです

この患者さんの場合アライナー数が50個あったので、10か月ほどですべてのアライナーが終了します。
その時の写真です。






 

がたつきはほとんどなくなり、上と下の真ん中が合っていることがわかります。
しかし前歯に少しがたつきが残っているのと嚙み合わせの微調整が必要なので、
アタッチメントをすべて除去し、もう一度型取りをしました。
これをリファイメントと言います。
リファイメントはだいたいの患者様に必要になってきます。
またリファイメントは患者様によっては2、3回行っていきます。

6週間後、また新しくアライナーが届きました。
今回は15個です。約3ヵ月と3週間で終了予定です。
リファイメントの時は1番からアタッチメントをつけていきます。
この期間中2回の来院のみです。

全てのアライナーが終了したときのお口の中のお写真です。







がたつきもなく、かみ合わせもバッチリです。

この状態で矯正が終わりというわけではありません。
ここから今の歯並びを維持するために保定期間に入ります。
この患者さんの場合、インビザライン専用の保定装置である
ビベラリテーナーを使っていただいています。

治療期間は1年4か月です
患者様には歯並びがきれいになってとても喜んでいただきました
歯並びが気になる方、マウスピース矯正が気になっている方
一度無料相談に来てみて下さい
お待ちしております

 TEL0566-73-0311