こんにちは。歯科医師の高柳ですsmiley

今回は、咬み合わせが深く、出っ歯が気になっていた患者様の症例を紹介していきたいと思います。

患者様は初診時14歳、女の子でした。

       

初診時のお口の中のお写真です。
下の歯に対して上の前歯が少し出ています。
また下の歯にがたつきがあることと下の歯が内側に倒れていることがわかります。
また正面から見ると下の前歯に上の前歯がかぶっていることがわかります。
こういう状態を 過蓋咬合 と言います。

過蓋咬合は前歯が大きく見えてしまったり、顎関節症を引き起こしたりとお口の中に様々な症状を
引き起こします。
過蓋咬合は治療すべきかみ合わせです

過蓋咬合はインビザラインで治すことができるので、まず出っ歯を治すために
カリエールモーションから始めました。



カリエールモーションの期間は 4か月 です。
装置がついている歯の前に隙間ができていることがわかります。
下の写真がカリエール終了時の写真です。



この状態からカリエールモーションをはずし、インビザラインに移行しました。
インビザラインの印象(型取り)をしてから約6週間でインビザラインが届きました。

この患者様のアライナー数は28個で、1週間ずつ使っていただくと約7か月です。
だいたい1か月半から2か月おきに来院していただき、
アタッチメント(歯の表面につける樹脂)がはずれていないか、
アライナー(マウスピース)に浮きがないかなどチェックしていきます。

この患者様の場合、IPR(歯と歯の間を削ること)を途中で行っていかないといけなかったため
指示された番号の前に来院していただきIPRを行いました。

28個終わった時に来院していただき、並びはきれいになっているか、咬み合わせはどうか、
患者様が今の状態に満足しているかどうか確認し、
まだ微調整が必要であればリファイメント(マウスピース作製のための型取り)をし、
満足のいく状態であれば、保定(今の歯並びの状態を維持するための期間)に入ります。

インビザライン終了時のお写真です。

       

叢生(がたつき)もなく、出っ歯も治り、
下の歯が隠れていましたが、咬み合わせが上がり、下の歯がしっかり見えています。
この患者様の場合、満足のいく状態であったため、インビザライン専用のビベラリテーナーを使って
保定していくことにしました。

矯正にかかった期間は、1年半 でした。

患者様には矯正期間が短かったこと、歯を抜かずに出っ歯が治せたことにとても喜んでいただけました

過蓋咬合は、若い時は特に問題がなくても将来的に様々な症状を引き起こします。
一度、ご自身の歯を鏡で見てみてください
もしそうかもと不安に思ったり、すでに矯正をお考えの方、
ぜひ一度無料カウンセリングにお越しください

TEL0566-73-0311