後藤達也は考えます

歯並び、とっても重要です。

近年、歯並びに関する関心度が高まっています。歯並びが悪ければ噛み合わせも悪いので、全身の健康に大きな影響を与えます。主な影響として「虫歯や歯周病になりやすくなる」「咀嚼筋の発達に影響を与え体のバランスが乱れる」「食べ物をよくかみ砕けず、胃腸などの消化器に負担がかかる」「容貌に劣等感をもってしまう」など身体的・精神的にも多くの影響があるとされています。

では、なぜ歯並びが悪くなるのか。

多くはクセから起こるという事が分かっています。こどもの頃の「指しゃぶり」が原因となったり、他にも「舌で歯を押す」「鼻が悪く口だけの呼吸になる」「ほおづえをつく」「片側だけの歯で食べ物を噛む」などの何気ない日常のクセが歯並びに影響しているのです。
最近では健全は咀嚼運動が脳神経の血流を促進し、老化防止にもつながる事が分かってきました。歯並びを治す矯正歯科は病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な体と心をつくるための治療なのです。

INFOMATION

後藤達也は、大学で五年間矯正を学び、日本矯正歯科学会の認定医を取得。その後、名古屋市内の矯正歯科医院に勤務し経験を積みました。
開院後の現在も、五件の歯科医院で治療を受け持つ、矯正歯科のエキスパートです。 また、豊田市内の補綴専門医院にも勤務した経験を持ち、矯正だけでなく歯科一般においても豊富な知識と経験を元にトータルでの治療を提案していきます。

より美しくなるための矯正へ。

矯正治療は、機能と見た目を考え、トータル的に口腔環境をデザインしていく治療です。これは虫歯や歯周病の治療などのように、元々あった状態に形態や機能を回復する治療である一般歯科とは根本的に異なるもので、非常に専門性の高い医療です。
日本全国の歯科医師数約9万5千人の中で日本矯正歯科学会認定医はわずか2千人ほどしかいません。その一人が当院院長後藤達也です。専門医だからできる最前線の矯正治療、その豊富な知識を経験が後藤達也矯正歯科にはあります。

本来歯列矯正は、乱れた歯列を整えるための治療です。しかし現在では美容の感覚で治療を受ける患者様が急増しています。歯列矯正はただ治すだけの治療から、より美しくなるための治療へと変化しているのです。しかしその様な患者様にとって、従来の矯正装置は見た目にも悪く治療期間中のストレスになり塞ぎがちになったり、上手く笑顔を見せる事ができなくなるほどなどの精神に悪影響を与えることになってしまいます。
当院では、そのようなお悩み・不安を持たれている患者様に、治療期間中も普段により近い生活ができ、ポジティブに矯正治療とつき合える、最新の矯正システムをご提供しています。

健康 × 美しさ = HAPPYの法則

健康な歯は幸せな生活をもたらしてくれます。
さらにその歯が美しいならばなおさらでしょう。
後藤達也はどんな治療においても「美しさ」 を同時に考えるように心がけています。
たとえささいな虫歯であってもより美しく治療できたなら、
治った喜びは2倍になるはずだと。そう信じています。

「治療」はつらく、ときにはイヤなものでしょう。
だけど、その先には必ずいいことがあるはずです。
一番大切な人に、とびっきりの笑顔を見せてあげてください。

そのお手伝いをするのが、後藤達也矯正歯科です。

健康な歯は幸せな生活をもたらしてくれます。
さらにその歯が美しいならばなおさらでしょう。後藤達也はどんな治療においても「美しさ」 を同時に考えるように心がけています。
たとえささいな虫歯であってもより美しく治療できたなら、治った喜びは2倍になるはずだと。そう信じています。「治療」はつらく、ときにはイヤなものでしょう。だけど、その先には必ずいいことがあるはずです。
一番大切な人に、とびっきりの笑顔を見せてあげてください。そのお手伝いをするのが、後藤達也矯正歯科です。

Message from GOTO TATSUYA