こんにちは。

今回のブログは、カリエールモーションを併用したマウスピース型カスタムメイド矯正装置

(以下インビザライン とする)を用いた症例をお見せします。

 

患者様は、21歳男性です。

主訴は、前歯だ出ている・でこぼこ・咬み合わせでした。

初診時のお口の中のお写真です。

 

 

正面からの写真を見ると下の前歯が上の前歯に覆われており、

下の前歯が見えません。

横の写真から上の前歯が出ているのがわかります。

3枚目の写真からは下の前歯にがたつきがあるのがわかります。

 

診断:上顎前突・前歯部叢生・過蓋咬合

 

患者様がマウスピース矯正を希望されたことと

親知らずのみを抜歯すれば出っ歯が改善できると診断したため

カリエールモーションとインビザライン にて治療していくことにしました。

 

まず上には上顎前突を改善するためにカリエールモーションを、

下には叢生を改善するためにインビザライン を装着しました。

下のマウスピースは1個1週間ずつで交換してもらい、

顎間ゴムは1日20時間の装着で毎日交換してもらいました。

 

初診時と約4ヶ月後のお口の中の写真の比較です。

 

 

少しわかりづらいですが、

上の前歯と下の前歯の前後差がとれています。

また下の前歯が少し見えるようになっています。

この状態でカリエールモーションを外しました。

下のマウスピースは15番まで進みました。

上下マウスピースに移行していきます。

 

2回目のマウスピースは全部で18個でした。

1個1週間ずつ使っていただき、15番で来院していただきました。

その時のお口の中のお写真です。

 

 

正面の写真から噛んだ時に下の前歯が見えるようになりました。

2枚目の写真から出っ歯感がなくなったのがわかります。

3枚目の写真から下の前歯のがたつきがほとんど改善されました。

 

あとは咬み合わせや歯1本1本の微調整を行うために

3回目のiTero(アイテロ)を行いました。

3回目にきたマウスピース数は全部で23個でした。

1個1週間ずつ使っていただき、

20 番のアライナー時のお口の中のお写真です。

 

 

咬み合わせもよくなり、

細かいがたつきも改善されました。

これで保定期間に移行していきます。

保定期間も上下マウスピースを装着していただいています。

 

矯正にかかった期間は、1年と3ヶ月でした。

 

矯正費用

検査料:40000円(税抜)

基本施術料:800000円(税抜)

調整料:4000円(税抜)

保定料:40000円(税抜)

 

矯正治療のリスク・デメリットについてはこちらのブログを参照ください。

https://gototatsuya.com/blog/2019/05/10/