こんにちは。

歯科医師の高柳です。

矯正治療のメリットはよく耳にしますが、やはり矯正治療にはデメリットもあります。今日は矯正治療のデメリット・リスクについてお話したいと思います。


・矯正調整後、歯の痛みが生じることがあります。基本的には一時的なものなので数日で慣れてきます。

・歯肉、頬及び唇に、矯正装置による擦り傷または痛みが生じる場合があります。当院では痛みを軽減できるワックスを渡しています。

・患者様が飲食後適切に歯磨及びフロス等の補助器具を行なわなかった場合、 虫歯・歯周病・歯肉炎・脱灰等が生じる可能性があります。当院では矯正の途中で虫歯ができた場合他院様を紹介させていただきます。


・矯正装置装着により一時的に発音に影響を与える場合があります。

・咬合状態が治療過程全体を通して変化する場合があり、結果として患者様に一時的な不快感を与える可能性があります。

・矯正治療の最終段階で、咬合調整が必要となる場合があります。

・長期間にわたって重なっていた歯は、歯間接触下部の歯肉組織が失われている場合があり、歯列矯正を行うことで、「ブラックトライアングル」が発生する可能性があります。

・矯正治療中、歯根の長さが短くなる場合がありますが、臨床的に問題ないことがほとんどです。

・矯正中、歯の移動に伴い稀に歯の神経が壊死することがあります。その際歯内治療もしくは追加的な補綴修復処置等の追加的な歯科治療が必要となる可能性があります。

・稀に、治療中または治療後、顎関節に問題が生じる場合があり、それによって関節痛、頭痛または耳の障害が生じる場合があります。これらの症状と矯正治療との関係ははっきりしていません。

・稀に、金属・レジン等にアレルギー反応が発現する場合があります。

リスク・デメリットを列挙しましたが、必ず起きるわけではありません。

自分のお口の中の状態を自分で判断せず、まずは矯正歯科医院に行ってカウンセリングを受けてみて下さい。

後藤達也矯正歯科医院 0566−73−0311