こんにちは。

今回のブログもマウスピース型カスタムメイド矯正装置(以下インビザライン とする)

の症例をお見せしたいと思います。

 

患者様は、27歳女性です。

主訴は、前歯が出ていることと歯のがたつきでした。

初診時のお口の中のお写真です。

 

 

初診時の状態として、上下の前歯にがたつきがあります。

正面から見てもらうと奥歯が内側に倒れていて狭い歯列なのがわかります。

横から見ると(特に左側)奥歯が1歯対1歯で噛んでおり、

出っ歯の噛み合わせになっています。

 

診断:上顎前突・前歯部叢生

 

分析の結果、カリエールモーションを使えば歯を抜かずに治せることと

患者様がマウスピース治療を希望されていたため

カリエールモーションを併用したインビザライン で

治療していくことになりました。

まず上にはカリエールモーションをつけて奥歯を後ろに下げながら、

下にはインビザライン にてマウスピースの交換をしていきます。

1回目に届いたマウスピースの数は、73個ですが、

上の奥歯が良い位置にきた段階でカリエールモーションを外し、

下のマウスピースも途中ですが29番で止め、

再度スキャニングをし、上下マウスピースに移行していきます。

その時のお口の中のお写真です。

 

 

上の3番目の歯が、下の3番目と4番目の歯の間に入り込む位置まで

下がっているのがわかります。

この状態から上下ともマウスピース治療を開始しました。

今回きたマウスピースの数は、53個でした。(2回目)

1個1週間交換でいくと、1年と2ヶ月かかってしまうので

加速装置を使って1個4日で交換していくと7ヶ月くらいで終わります。

アライナー50番の時のお口の中のお写真です。

 

 

正面からの写真を見てもらうと、歯が内側に倒れていて歯列が狭かったのが

外側に広がり、歯列に丸みが出たのがわかります。

前歯のがたつきがとれ、上の3番目の歯の前にあった隙間も

前歯を下げることによりなくなっています。

また左上の一番目の歯に古い被せ物が入っていましたが、

被せ物と歯茎の境目の色が気になるということで

ある程度前歯が並んだこのタイミングで仮歯に替えました。

患者様の希望でもう少し前歯を下げる為に

もう一度スキャニングを行いました。

3回目のマウスピースは、全部で41個で、

1個4日で交換していきました。

アライナー38番の時のお口の中のお写真です。

 

 

奥歯を1本ずつ下げたことにより

上の歯が全体的に後ろに下がったことがわかります。

しかし下げたことにより前歯の噛み合わせが少し浅くなってしまったので

もう一度スキャニングを行いました。

4回目のマウスピースは、全部で32個で、

1個4日で交換していきました。

アライナー29番の時のお口の中のお写真です。

 

 

前歯もしっかり噛めるようになりました。

最後、被せ物も綺麗なものに替えて保定に移行しました。

 

矯正にかかった期間は、2年と3ヶ月です。

 

矯正を始めたいと思っている方、

マウスピース矯正に興味がある方

ぜひ無料カウンセリングにお越しください。

TEL0566−73−0311

矯正費用

検査料:40000円(税抜)

基本施術料:800000円(税抜)

調整料:4000円(税抜)

保定料:40000円(税抜)

 

矯正治療のリスク・デメリットについてはこちらのブログを参照ください。

https://gototatsuya.com/blog/2019/05/10/