こんにちはsmiley

インビザライン キーワードの説明をしていきます。
 

過蓋咬合用最適アタッチメント

小臼歯に設置される過蓋咬合用最適アタッチメントは、スマートフォース機能の一つで、
前歯部の圧下に必要なアンカレッジが得られるよう設計されており、
ソフトウェアによって自動設置されます。
また、必要に応じ、小臼歯に挺出の力が加わるよう作用します。
 

機能の設定方法

過蓋咬合用最適アタッチメントは、以下の場合に小臼歯に設置されます:

  • 前歯部の圧下と併せて小臼歯部の挺出が指示されておらず、その他の移動のための最適アタッチメントが設置されていない場合にアンカレッジのために設置されます。

  • 前歯部の圧下と併せて小臼歯部の挺出が指示されている場合に挺出のために設置されます。


2018年7月28日の「過蓋咬合治療におけるアタッチメントについて」におブログで詳しく説明しています。

仮想抜歯

歯科医師の指示により、クリンチェック治療計画は、仮想的に抜歯を行い、
抜歯により生じる歯牙移動および歯牙の最終位置を表示することができる。
この機能を利用し、歯科医師は(および患者は)異なる治療計画および仮想抜歯によって
予想される結果を比較検討することができます。


クリンチェック® ステージ

クリンチェック治療計画における歯牙移動の一つ一つのステップのことです。
片顎または両顎の歯牙移動がステップ毎に達成されます。

クリンチェック® 3D 表示エリア

クリンチェック ウィンドウ内で、バーチャルモデルが表示されているエリア。

クリンチェック® ソフトウェア

アライン社により独自開発されたソフトウェアアプリケーションで、
インビザライン治療における歯牙移動を3次元画像で見ることができます。
また、この ソフトウェアを通じて、インビザライン治療の計画の変更に関する
ドクターとアライン社のコミュニケーションが可能で、最終的にはこのソフトウェア上で 治療計画の承認も行います。