こんにちは。

今回はマウスピース型カスタムメイド矯正装置(以後インビザライン)の症例をお見せします。

 

患者様は、26歳女性です。

主訴は、前歯が出ていることでした。

初診時のお口の中のお写真です。

 

 

初診時の状態として、奥歯は噛んでいますが、前歯が噛めていません。

さらに上下とも前歯が前方に傾斜しているのがわかります。

 

診断:前歯部開咬・上顎前突

 

患者様は、舌側矯正またはマウスピース治療が希望でしたが、

分析した結果マウスピース治療の適応と判断し、

インビザラインにて治療をしていくことになりました。

前歯を内側に入れるためにはスペースが必要です。

そのスペースは、歯と歯の間を削るIPRで作ることにしました。

IPRは、歯を削るので少し怖いイメージがあるかもしれませんが、

1歯片側最大で0.25ミリなので、エナメル質を少し削るだけなので、

歯がしみたり、むし歯になることはありません。

1回目のマウスピースは、全部で29個でした。

1週間に1個ずつ交換していただき、

IPRをするために2ヶ月に1回くらいのペースで数回来院していただきました。

前歯部開咬ということで舌の癖の有無を確認したところ

舌癖があったので、毎来院時舌のチェックも行いました。

29個終わった時のお口の中のお写真です。

 

前歯が前方に傾斜していたのが治っているのがわかります。

また上・下の前歯が噛んでおらず隙間がありましたが、

今は噛んできていることがわかります。

しかし奥歯の近心傾斜(前に倒れている状態)を治すように

計画されていましたが、そこがうまく動かなかったため

奥歯の噛み合わせがうまく噛めていないことがわかります。

そこを修正するために2回目の型取りをしました。

2回目に届いたマウスピースは、17個でした。

アライナー17個終わった時のお口の中のお写真です。

 

 

写真を見てもらうと、さらに悪くなってない!?と

思われるかもしれませんが、下の3番目の歯から奥歯にかけての

近心傾斜(手前に倒れている状態)が治っています。

奥歯を立ててきたことによって咬み合わせに隙間ができてしまったので

もう一度リファイメントを行いました。

3回目に届いたマウスピースは、17個でした。

アライナー14番まで終わった時のお口の中のお写真です。

 

奥歯の咬み合わせは良くなりました。

正中は合い、出っ歯感もなくなりました。

これで保定期間に入っていくことになりました。

 

矯正にかかった期間は、1年と5か月です。

 

矯正に興味ある方、マウスピースで矯正をしたいと思っている方

ぜひ無料カウンセリングにお越しください。

TEL0566-73-0311

 

矯正費用

検査料:40000円(税抜き)

基本施術料:800000円(税抜き)

調整料:4000円(税抜き)

保定料:40000円(税抜き)

 

矯正治療のリスク・デメリットについてはこちらを参照ください。

https://gototatsuya.com/blog/2019/05/10/