こんにちは。

今回もマウスピース型カスタムメイド矯正装置(以下インビザライン )の

症例をお見せしたいと思います。

 

患者様は、40歳男性です。

男性の患者様は、やはり女性より少なく全体の2割くらいしかいらっしゃいません。

仕事をする男性にこそ第一印象は大事ですよね。

第一印象の決め手は、歯並びですよ!!笑

今回の症例を見ていただき、矯正したいと思ってくれると嬉しいですね。

 

主訴は、歯のがたつきでした。

初診時のお口の中のお写真です。

 

初診時の状態として上の前歯が2本内側に入っています。

さらに上の奥歯が前方に倒れている(近心傾斜)ことによって

出っ歯の噛み合わせになっています。

そして分析した結果、骨格的には受け口であることがわかりました。

 

診断:下顎前突・前歯部叢生

 

分析の結果、歯を抜かずに治せることと

患者様が装置が目立つことに不安があったことから

インビザライン で治療していくことになりました。

1回目のアライナーの数は、全部で43個でした。

1個1週間ずつ使っていただき、アライナー40番の時のお口の中のお写真です。

 

上の2番目の歯がまだ内側にあります。

これは装着時間が1日20時間以上を守れず

アライナーが浮いてしまった為と考えられます。

修正のため2回目のお口の型取りを行いました。

2回目のマウスピース数は、全部で25個でした。

1個1週間ずつ使っていただき、アライナー25番の時のお口の中のお写真です。

 

 

上の2番目の歯が下の歯より前に出てきました。

しかし前歯に挺出用アタッチメントが付いていますが、前歯が噛んでいません。

それは、舌癖があるからです。

常に前歯の裏側に舌が触れている状態で、

嚥下(えんげ)のたびに前歯を前方に押し出すため

矯正力より舌の力が優ってしまうので前歯が噛めないのです。

この時から舌のポジションの確認と舌の運動を始めました。

修正のための3回目のお口の型取りを行い、

3回目のマウスピース数は、全部で27個でした。

24番のアライナーが終了した時のお口の中のお写真です。

 

 

上の2番目の歯のねじれや傾きも綺麗になりました。

奥歯はもちろんのこと、前歯もしっかり噛めるようになりました。

歯肉の状態も初診時に比べると歯石が溜まりづらくなり、

歯磨きもしやすくなり、色も良くなったように感じます。

患者様にも満足していただいたので保定に移行しました。

 

矯正にかかった期間は、3年です。

 

矯正に興味ある方、矯正やりたいと思っている方

ぜひカウンセリングにお越しください。

TEL0566−73−0311

 

矯正費用

検査料:40000円(税抜)

基本施術料:700000円(税抜)

調整料:4000円(税抜)

保定料:40000円(税抜)

 

矯正治療のリスク・デメリットについてはこちらを参照ください。

https://gototatsuya.com/blog/2019/05/10/