こんにちは。

今日は、症例ではなく・・・

出っ歯さんがマウスピース矯正で治したい!と思って

カウンセリングに行くと『できない』『治せない』『難しい』と

言わせてしまうことがあります。

それはなぜなのか・・・

その疑問にお答えしていこうと思います。

今回お話するのは、数あるマウスピース矯正の中でも

インビザライン についてお話します。

 

まず基礎知識として・・・

出っ歯とは、専門的に言うと『上顎前突』のことで、

簡単に言うと、上の前歯が出ていることです。

それを治す方法として

 

1、歯を抜いて、抜いたスペースを使って前歯を下げる

 

⬇️

 

2、上の奥歯を後ろに下げて前歯を下げるスペースを作る

 

⬇️

があります。

 

矯正治療の難易度として

『歯を抜かずに治す』 より 『歯を抜いて治す』の方が

難易度が上がります。

出っ歯さんが治らないのは、いくつか理由があります。

 

1つ目・・・

インビザライン は、マウスピース矯正の先駆者であり、

インビザライン の患者様が増えることによってデータを集め

治療の精度を上げてきました。

なのでサービス開始当初は、症例によってはとても難しく

限られたドクターしか抜歯ケースはできませんでした。

 

二つ目・・・

インビザライン が治療の精度を上げる過程で

システムが大きく変わる時(バージョンアップ)があります。

G3→G4→G5・・・今ではG7になりました。

そして小臼歯の抜歯のプロトコール(手順)ができたのが

2015年のG6でした。

 

 

日本でインビザライン が導入されたのが2006年なので、

その間、やはり抜歯ケースは難しかったと言えるでしょう。

 

3つ目・・・

奥歯を後ろに下げて上顎前突を治す時

親知らずがあるならば抜歯して、

または親知らずがあったであろうスペースを使って下げますが、

その下げれる量には限界があります。

 

4つ目・・・

下げれる量に限界があると書きましたが、

ドクターは、シュミレーション(クリンチェック)を見れば

前歯がこのくらい下がれば口元はこのくらい下がるであろうと

感覚でわかりますが、

患者様はシュミレーションを見たときに前歯が下がった分だけ

口元も同じだけ下がると思ってしまいます。

口元の下がる量も説明はしていますが、

イメージ像にドクターと患者様で『ずれ』が生じてしまい、

患者様からすると「もっと下がると思ってた・・・」「治っていない」

という結果になってしまうのです。

 

これらの理由から上顎前突は難易度が高く治療を断られたり、

満足のいく治療結果が得られなかったりするのです。

 

歯を抜く治療ができないわけではありません。

歯を抜く治療ができるドクターが少ないだけなのです。

 

もしカウンセリングを受けたけど

マウスピースでは治せないと断られてしまった方は、

本当に治せないのか・・・まだ諦めないでください。

一度無料カウンセリングにお越しください。

TEL 0566−73−0311