こんにちは。

今回のお題は「マウスピース型カスタムメイド矯正装置(以下インビザライン とする)でマウスピースとよく併用するエラスティックゴムについて」

です。

 

表側矯正でもゴムを併用することがありますが、

基本的に目的は同じです。

前歯を下げるためや噛み合わせをよくするためなど

ゴムのかけ方によって用途は様々です。

 

 

マウスピースを使いながらゴムをかける方法は・・・

マウスピース自体に切り込みが入っていてゴムをかけるタイプと

 

 

マウスピースがくり抜かれていてそこに透明の小さいボタンをつけて

歯にゴムをかけるタイプがあります。

 

 

 

同じ患者様で同じ状況でゴムがけをした場合としなかった場合を

比較したわけではないので絶対!必要!とは言い切れませんが

ある患者様でゴムをしなくて治療期間が

延びてしまった症例を紹介したいと思います。

 

患者様は16歳の男の子で、

インビザライン 希望だったため

カリエールモーション後インビザライン で治療しました。

初診時とカリエールモーション終了時の比較写真です。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 02-7-300x200.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 02-8-300x200.jpg です

初診時、上の歯と下の歯が1対1で噛んでいる事がわかります。(上の写真)
下の写真がカリエールモーション終了後で、

下の歯と歯の間に上の歯が 入り込んで噛んでいることが分かります。
その後カリエールモーションをはずしてインビザラインに移行しました。
しかし インビザラインをスタートしてから5ヶ月目ぐらいの時に

インビザラインが治療計画通りにいっていないことがわかり、
患者様に確認したところ・・・

インビザラインの間ゴムをつけていなかったことがわかりました。
カリエールモーションで短期間で動かした歯は元の位置に戻りやすいため、

インビザラインの間もゴムをかけるのは必須です。
一度インビザライン+ゴムを中止し、

再びカリエールモーションを装着しました。
インビザライン中に少し戻ることを考慮し、

最初のカリエールモーション使用の時よりも

多めに奥歯を下げておくことにしました。
期間は6か月かかりました。

2回目のカリエールモーション終了時の写真です。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 02-3-300x225.jpg です

その後上下インビザライン に移行しました。

もちろんゴムを併用していただきました。

治療終了時のお口の中のお写真です。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 05-4-300x200.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 02-4-300x200.jpg です

この患者様の矯正にかかった期間は2年8ヵ月でした。

もしゴムをしっかりやっていたら少なくともカリエールモーションを

再度使った期間(6ヶ月)は短縮できたでしょう。

 

不必要な事を私たちは、お願いしたりしません。

なるべく患者様が手間のかかる事は省きたいですし、

目立つものは、なくしたいと思っていますが、

やはりゴムの力がないときれいに並ばない時もあるのです。

 

ゴムかけは必要な方とそうでない方がいらっしゃいますので

カウンセリング時にゴムかけが必要かどうか確認してください。