こんにちは。

今日のブログは、マウスピース型カスタムメイド矯正装置であるインビザラインの

歯を動かすのに重要なアタッチメントについて説明します。

 

アタッチメントについては内容を変え何度かブログにも書いています。

 

 

 

気になる内容があれば見てみてください。

 

今回は、アタッチメントがついている期間について説明したいと思います。

アタッチメントとは、歯の表面につける米粒くらいの樹脂のことを言います。

このアタッチメントとマウスピースが当たることによって歯が動いていくので

インビザラインではなくてはならないとても重要なものになってきます。

 

ですので、アタッチメントは歯を動かしている期間中は基本的にずっとついていると思ってください。

もう少し詳しく説明していきます。

*あくまで当院の場合です

 

インビザライン治療が始まる時にまず1番と2番のアライナーが渡されます。

この時はまだアタッチメントはつきません。

 

矯正前にホームホワイトニングをされたい方はこの期間に行うことができます。

 

但しインビザライン「ライトパッケージ」と「エクスプレスパッケージ」の方は

1番からアタッチメントがつくことがあります。

 

この1番2番のアライナーを2週間ずつ使っていただき、1ヶ月後来院時にアタッチメントをつけていきます。

お渡しする箱かアライナーが入っている袋をみていただくと

全アライナー数が記載されています。(下に写真あり)

このアライナーを使い切るまでは基本的にはアタッチメントはつけっぱなしになります。

 

 

アライナーを使い切ったところでまた歯並びの設計をし直すために

iTeroで口の中をもう一度スキャニングしていきます。

この時に一度全てのアタッチメントを外していきます。

 

新しいアライナーが届くまで約5週間あるので

この間にもホワイトニングをすることができます。

 

5週間後新しくアライナーが届くとまた新たな場所にアタッチメントをつけていきます。

これを数回繰り返して歯並びを整えていきます。

 

歯並びが整ったところで保定に移行します。

保定期間はアタッチメントがついていないアライナーを使っていただくので

保定期間中は自由にホワイトニングをすることができます。

 

アタッチメントがつくタイミング

アタッチメントはずっと同じものがついているわけではないこと

アタッチメントがない期間もあること

ご理解いただけたでしょうか?

 

もしわからないことがあればカウンセリング時、来院時何でも聞いてください。

TEL:0566-73-0311

Mail: https://gototatsuya.com/contact/