こんにちは。

今日のブログは、カリエールモーションを併用したマウスピース型カスタムメイド矯正装置

(以下インビザラインとする)の症例をお見せしたいと思います。

 

患者様は、36歳女性です。

主訴は、前歯が出ている・歯のでこぼこでした。

初診時のお口の中のお写真です。

 

 

1枚目の写真から下の前歯があまり見えていないので咬み合わせが深いことがわかります。

2、3枚目の写真から上の歯と下の歯が1歯対1歯で咬んでいます。

これは上の歯が全体的に前に出ている咬み合わせです。

 

診断:上顎前突(出っ歯)・前歯部叢生(まえばのがたつき)

 

患者様の希望がマウスピースだったこと、カリエールモーションを使えば歯を抜かずに治療が可能なことから

カリエールモーションを併用しながらインビザラインで治療していくことにしました。

 

まず初めに上にカリエールモーションを装着し、下はインビザラインを1番から順番に使っていただきました。

カリエールモーションのゴムを1日1回は替えていただき、

ゴムの装着時間は1日20時間以上です。

下のマウスピースは1個1週間ずつの交換で、

カリエールモーションは動きが早いので1ヶ月ごとに来院していただきました。

 

4ヶ月後のお口の中のお写真です。

 

 

写真を見ていただくと明らかに3番目の歯の前にスペースができています。

奥歯が後ろに下がった証拠です。

この状態から2回目のiTeroを行い、上下マウスピースに移行していきます。

 

2回目のマウスピース数は全部で、26個でした。

1個1週間ずつ使っていただき、

アライナー番号26番の時のお口の中のお写真です。

 

 

上の3番の後ろにあったスペースは前歯を下げるために使いました。

がたつきも良くなっていますが、右下の3番目の歯がまだ並んでいません。

また患者様はもう少し前歯を下げたいということで

修正のため3回目のiTeroを行いました。

 

3回目のマウスピース数は、全部で17個でした。

最初に前歯を下げるためには隙間がいるので歯と歯の間を削る『IPR』を行いました。

1個1週間ずつ使っていただき、

アライナー番号17番の時のお口の中のお写真です。

 

 

前歯が前回より下がりました。

右下の3番目の歯がまだ並んでいません。

4回目のiTeroを行いました。

 

4回目のマウスピース数は、全部で18個でした。

1個1週間ずつ使っていただき、

アライナー番号10番の時に右下3番に浮きがあったため

右下3番の高さを出すためのゴムをやっていただくためのボタンを装着しました。

その後も1週間ずつ使っていただき、

アライナー番号18番の時のお口の中のお写真です。

 

 

右下3番の高さが他の歯と同じくらいになってきました。

仕上げのために5回目のiTeroを行いました。

 

5回目のマウスピース数は、全部で17枚でした。

1個1週間ずつ使っていただき、

アライナー番号17番の時のお口の中のお写真です。

 

 

全体的にきれいになりました。

患者様が右下の3番目の歯が他の歯に比べて少し出ている気がするということで

そこを修正するために6回目のiTeroを行いました。

 

6回目のマウスピース数は、全部で12枚でした。

1個1週間ずつ使っていただき、

アライナー番号12番の時のお口の中のお写真です。

 

 

患者様の満足のいく歯並びになりました。

これで保定に移行していきました。

しばらく保定用のマウスピースをしていただきます。

 

矯正にかかった期間は、2年と7ヶ月でした。

 

矯正費用

検査料:40000円(税抜)

基本施術料:800000円(税抜)

調整料:4000円(税抜)

保定料:40000円(税抜)

※現在の料金とは異なる場合がございます。

 

矯正治療のリスク・デメリットについてはこちらのブログを参照ください。

https://gototatsuya.com/blog/2019/05/10/

 
ぜひ無料カウンセリングにお越しください。

TEL:0566-73-0311

Mail: https://gototatsuya.com/contact/