こんにちは。

今回のブログは、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(以下インビザラインとする)の症例をお見せしたいと思います。

 

患者様は14歳女の子です。

主訴は、下の歯のがたつきでした。

初診時のお口の中のお写真です。

 

 

下の前歯にがたつきがあります。

正面から見ると下の前歯があまり見えません。

 

診断:前歯部叢生(歯の凸凹)

 

患者様の装置の希望はなかったため

表側矯正、インビザラインの説明をし、

患者様はインビザラインを選択されました。

 

1回目のマウスピース数は、全部で36個でした。

1個1週間ずつ使っていただき、

上の前歯を下げるために上の4番目の歯と下の6番目の歯に小さい装置(ボタン)をつけゴムかけもしていただきました。

アライナー番号30番の時のお口の中のお写真です。

 

  

下の前歯が見えるようになりました。

今まだ30番なので下の前歯のがたつきが残っていますが、

アライナーに浮きが生じたためここで2回目のアイテロを撮りました。

 

2回目のマウスピース数は、全部で20個でした。

1個1週間ずつ使っていただき、

アライナー番号20番の時のお口の中のお写真です。

 

 

下の前歯のがたつきも良くなりました。

これで保定に移行しました。

保定装置はアタッチメントのついていないマウスピースを装着していただいています。

 

矯正にかかった期間は、1年と1ヶ月でした。

 

矯正費用

検査料:40,000円(税抜)

基本施術料:850,000円(税抜)

調整料:4,000円(税抜)

保定料:40,000円(税抜)

※現在の料金とは異なる場合がございます

 

矯正治療のリスク・デメリットについてはこちらのブログを参照ください。

https://gototatsuya.com/blog/2019/05/10/

 
ぜひ無料カウンセリングにお越しください。

TEL:0566-73-0311

https://gototatsuya.com/contact/