こんにちは。

今回のブログは、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(以下インビザラインとする)

の症例をお見せしたいと思います。 

 

患者様は、34歳女性です。

主訴は、「歯のでこぼこ」「上下の前歯があたる」「八重歯」でした。

初診時のお口の中のお写真です。

 

 

上下ともに前歯にがたつきがあります。

奥歯は1歯対2歯で咬んでいるので良い咬み合わせのように思われるかも知れませんが、

下の前歯が少し内側に倒れていることと

右の上下の前から3番目の歯(犬歯)を見ていただくと前に傾斜していて上の犬歯より前にあるので

受け口傾向にあると言えます。

 

診断:下顎前突(受け口)・前歯部叢生(まえばのがたつき)

 

患者様の希望装置は裏側につける装置でしたが、

抜歯が必要ないことから裏側矯正のデメリットの方が大きいことを説明し、

さらに表側、裏側、インビザラインのメリット・デメリットを説明の上

インビザラインにて治療していくことに決めました。

 

1回目のアライナー数は全部で39個でした。

1個1週間ずつ使っていただき、

歯を1本ずつ遠心(後ろ)に移動させる計画でしたが、

アライナー10番の時に奥歯に浮きが出てきてしまったので

下をマウスピースではなくカリエールモーションにて遠心移動させることを提案し、

カリエールモーションを使うことにしました。

 

アライナー番号10番の時のお口の中のお写真です。

 

 

上下ともまだ奥歯しか動かしてないので見た目は変わっていません。

 

2回目のマウスピース数は、全部で40個でした。

1個1週間ずつ使っていただき、

下の一番奥の歯を後ろに下げるのをマウスピースで行ったあと(1〜13番)

下にカリエールモーションを設置しました。

カリエールモーション開始から3ヶ月後のお口の中のお写真です。

 

 

上も13番までアライナーを使用しているので

前から4番目と5番目の歯と歯の間に隙間があります。

下は奥歯が4本まとめて後ろに下がっているので

3番目の歯と4番目の歯の間に隙間があります。(特に右側)

この状態で上下インビザラインに移行するために3回目のアイテロを撮りました。

 

3回目のアライナー数は、全部で37個でした。

これからオルソパルスという加速装置を使っていただき、

1個4日で交換していただきました。

アライナー番号37番の時のお口の中のお写真です。

 

 

下の前歯のがたつきはかなり改善されましたが、

上の前歯のがたつきが少し残っています。

4回目のアイテロを撮りました。

 

4回目のアライナー数は、全部で22個でした。

上の前歯のがたつき改善のためにIPRを行いました。

1個4日ずつ使っていただき、

アライナー番号22番の時のお口の中のお写真です。

 

 

前歯のがたつきは良くなりました。

まだ奥歯の噛み合わせが噛み合っていません。

5回目のアイテロを行いました。

 

5回目のアライナー数は、全部で12枚でした。

1個4日ずつ使っていただき、

アライナー番号12番の時のお口の中のお写真です。

 

 

前歯のがたつきも奥歯の噛み合わせも良くなりました。

これで保定期間に移行しました。

保定期間中はアタッチメントのないアライナーを使用していただいています。

 

矯正にかかった期間は、2年でした。

 

矯正費用

検査料:40,000円(税抜)

基本施術料:850,000円(税抜)

orthopulse:70,000円(税抜)

調整料:4,000円(税抜)

保定料:40,000円(税抜)

※現在の料金とは異なる場合がございます

 

矯正治療のリスク・デメリットについてはこちらのブログを参照ください。
https://gototatsuya.com/blog/2019/05/10/

ぜひ無料カウンセリングにお越しください。
TEL:0566-73-0311
https://gototatsuya.com/onlinecounseling/