今回のブログは子供の矯正でカリエールモーションを使った症例をお見せします。


患者Yちゃんは、9歳女の子です。

主訴は、歯のがたつきでした。

 

初診時の写真です。

 


初診時の写真を見ると、左上2番目の歯と下の歯左右3番目の歯(犬歯)が入るスペースがありません。

 

診断:上顎前突・前歯部叢生

 


そのスペースを確保するために上顎はLA(リンガルアーチ)という装置を使います。

LAの写真です。↓
※この患者様の口腔内写真ではありません。

 

 

上の前歯の1本中に入っている歯を唇側に出すために、
上の歯の3番目に生えている乳歯を抜いて、空いたスペースにむかって
リンガルアーチを1ヵ月に1回来院していただき約6ヵ月かけて唇側に出していきます。
LAと併用して下顎の犬歯の萌出スペース確保の為に拡大床という取り外し式の装置を使います。

 

拡大床の写真です。↓

 

 

拡大床は、寝る時とお家にいる時に着けてもらいます。
拡大床は子供の歯が永久歯に生え変わるまで使います。
左上の2番目の歯が出たところで、八重歯(3番目)の萌出スペースがないので、
そのスペースを確保するために、上顎の奥歯を遠心(後ろ)に移動させます。
当時遠心移動装置はHGが一番有効な装置だったためHG(ヘッドギア)という装置を使いました。
上顎の前から6番目の歯にバンドをつけて、寝る時に装置をつけて使用します。

 

HGの写真です。↓

 

 

HGは装置が大きいのと、寝る時しか使わないので、動くのに時間がかかります。
カリエールモーションという新しい装置がでたので、HGからカリエールモーションに装置を変更しました。
こちらの装置は20時間以上、食事と歯磨き以外はゴムをつけてもらいます。
ゴムをしっかりやってもらえば、約6ヵ月で遠心移動ができます。

 

CMの写真です。↓

 

 

5ヵ月後の口腔内写真です。↓

 

 

八重歯(3番目の歯)の萌出スペースの確保ができたのでCMをはずします。
上下マルチブラケットに変更し、最後の調整を行いました。
期間はカリエールから1年8ヵ月かかりました。

 

矯正が終わった時の写真です。↓

 

   
              

   

HGからカリエールに装置を変更していなかったらもっと期間がかかっていました。
Yちゃんはがたつきが治ったと、とても喜んでいました。

 

今回は子供の矯正について説明してきました。
今回のように八重歯の入るスペースが全くなくても歯を抜かずに治療できる場合もあります。
患者様によって治療方法、使う装置、期間等様々です。
お子様の歯並びが気になる方、矯正を考えていらしゃる方は
ぜひ無料相談にお越しください。

 

TEL0566-73-0311

 

矯正料金

検査料:40000円(税抜き)

基本施術料:300000円(税抜き)

保定料:40000円(税抜き)

調整料:4000円(税抜き)

 

矯正治療のリスク・デメリットについてはこちらのブログを参照ください。

https://gototatsuya.com/blog/2019/05/10/