今回はインビザラインの症例についてお見せしたいと思います。

こちらの患者様F様は、カウンセリング時噛み合わせを気にされていました。
初診時の写真です。

  
                                   
   

上下ともに前歯に叢生(歯のデコボコ)がみられます。
叢生を治すためには歯が並ぶスペースが必要です。
奥歯の噛み合わせは1歯対2歯で噛めていて、奥歯の噛み合わせはいいので奥歯を動かさず、前歯だけ動かしたいので前歯にIPR(歯と歯の間を削る)をして右上の完全に中に入っている歯を外に出してこれるようにスペースを作ります。
下顎は拡大とIPRをしてスペースをあけ歯を出します。
1回目は全部で40個で、1個1週間ずつ使い期間は10ヵ月かかりました。
1回目のインビザラインが終わった時の写真です。

   
                                      
   

前歯の大きながたつきはなくなりましたが、下の前歯に叢生が残っており奥歯の噛み合わせが少しゆるい気がします。
もう少し噛み合わせを整えるために、アタッチメントを一度全部取り微調整のお口の型どり(リファイメント)を行います。
下の前歯に叢生があるので、スペース確保のため、再度IPRをしました。
上の歯を基準にして見ると下の正中が右にずれているので、右下の叢生が残っている歯を中に入れながら正中を合わせます。
2回目は全部で20個で5ヵ月かかりました。
2回目が終わった時の写真です。

   
                                   
   

正中が合い、下の前歯のがたつきもほぼなくなったことがわかります。
しかし奥歯の噛み合わせをもう少し噛ませたいので、もう一度リファイメントを行いました。
奥歯を噛ませるために、歯に透明なボタンをつけて1日中ゴムをかけてもらいました。
下がゴムをかけていた時の写真です。

   

3回目は全部で16個で期間は7ヵ月かかりました。
2回のリファイメントを終え、矯正にかかった期間は2年4ヵ月です。
下の写真が矯正が終わった時の写真です。

   
                                      
   

F様には噛み合わせがきれいになってとても喜んでいただきました。
噛み合わせが気になる方、また目立ちにくいマウスピースがご希望の方はぜひ無料相談にお越しください。

TEL0566-73-0311