こんにちは。
今回は、カリエールモーションを併用したインビザライン症例をお見せしたいと思います。

患者様は、初診時14歳でした。
主訴は歯がでこぼこしていることでした。
初診時の写真です。

 

          

 

前歯にはがたつき(叢生)がみられ、奥歯は上の歯と下の歯が1歯対1歯で噛んでいることが
わかります。
つまり出っ歯の噛み合わせです。
上の奥歯を後ろに下げる(遠心移動)必要があります。
その遠心移動させる装置がカリエールモーションです。

インビザラインをスタートする前にカリエールモーションを6か月やってもらいました。
カリエールモーションが終わった時の口腔内写真です。



                                

 

上の奥歯が後ろに下がったおかげで前歯には隙間ができています。
左の噛み合わせを見ると下の歯と歯の間に上の歯が入り込んでいることがわかります。
1歯対2歯の関係です。
右の噛み合わせを見ると左の噛み合わせより少し多めに奥歯を後ろに下げていることがわかります。
オーバーコレクションといって少し戻ることを想定して多めに動かしておくことを言います。

この後インビザラインスタートです。
アライナー数(マウスピース数)は全部で21個。
1アライナーを1週間ずつ交換していきます。
この時、重要なのが上下マウスピースに変わってもカリエールモーションをやっていた時同様
ゴムがけを20時間やってもらったことです。
カリエールモーションで強い力でゴムでひっぱっていたのでマウスピース治療の時も
後戻りしないようにゴムがけする必要があります。
最後のアライナーが終わった時の口腔内写真です。

 

                              

  

前歯のがたつきはなくなり、カリエール後にできていた隙間もなくなっています。
奥歯も1歯対2歯の関係で咬めていることがわかります。
通常は歯の並びを微調整するために口腔内を再スキャンし、歯の並びを再設計すること(リファイメント) を2,3回行いますが今回のケースは一回目で満足のいく結果が得られたのでここで保定期間に入りました。

患者様には気にされていた歯のでこぼこがなくなり、喜んでいただきました。
矯正にかかった期間はなんと1年です。
これも患者様がカリエールモーションのゴムかけやマウスピースを20時間以上装着するということを
がんばれたからこその結果です。
歯並びを治すのは治したいという気持ちがとても大事になってきます。
歯並びが気になっている方、今治したいと思っている方ぜひ一度相談にお越しください。
治したいと思っているときがやり時です。

TEL0566-73-0311