こんにちは私は普段受付の業務をさせて頂いております。
当院に入社した頃は正直矯正に全く興味がなかったのですが…
たくさんの患者様が綺麗に治っていく姿を見させて頂いている内に
私の出っ歯や歯のがたつきも治したい!と思うようになりました。
私は2017年1月から矯正を始め、2018年の8月に矯正治療を無事終える事ができました。
約1年8ヶ月の治療期間でした。
今日はその症例を載せさせて頂きたいと思います

こちらが当初の歯の状態です

             
 

見て頂いて分かるように上の前歯が出ているのと、
下の歯のがたつきが目立ちます。
出っ歯は舌の癖で前歯を前に押してしまい年々出てきてしまうと聞いた事があったので
それも矯正治療を始めたきっかけでした。
元々院長より、カリエールの装置を先につけて上の歯をさげた方が綺麗に並ぶよ。と
アドバイスを頂いていたのですが、その当時カリエールの装置はシルバーのタイプで
(今は透明な装置に変わりました!)旦那様が笑った時などに装置が少しでも見えるのが
嫌だということでマウスピースのみで治療を行うこととなりました。


私はまず、①番と②番のマウスピースを2週間ずつつけ、
その後③のマウスピースにうつる時に歯が入る為のスペースを開ける「IPR」を8箇所行い、
その歯を重点的に力をかけ動かす為に歯に米粒位の大きさの樹脂「アタッチメント」もつけました。
そして、1週間毎の交換で使い続けました。
⑫番のマウスピースにうつる時に再度IPRを2箇所、⑯番で4箇所、
㉕番で2箇所、㉘番で1箇所の計17箇所行いました。

㉙番まで使い終わった後、再度微調整の為新しいマウスピースを作る為の
歯のスキャニング「ITERO」を行いました。

その時の歯並びの状態がこちらです

             
 

下の歯のがたつきが大分軽減されたのが分かります。
しかし、まだ前歯は出ているように感じます。
この時点で治療を始めて約7ヶ月と2週間が経ちました。

ここまでの治療で歯が動いていく様子を動画にしたものがこちらです



そして、約1ケ月後新しいマウスピースが海外から届いてきました。
マウスピースの数が全部で㉗個あったのでまだこんなにあるのか、と感じたのと
この時から咬み合わせを合わせる為歯が後ろに下がる様ゴムかけをする事になったので
少し面倒くさいな、と思ったのを覚えています。(笑)
それでも、歯をきれいに並べる為!とモチベーションを保ち毎日ゴムかけを頑張りました。
ゴムかけの様子がこちらです





毎日ゴムかけをし、㉗番までマウスピースを使い終わった時の写真がこちらです

             


この時点で矯正を始めて約1年2ヶ月が経過しました。
下の歯はほぼ綺麗に並び、上の前歯も大分後ろに下がったのが分かります。
しかし、写真を見て頂いて分かるように右側の前から3番目の歯が2歯対1歯になっていない
つまりまだ出っ歯の噛み合わせである事が分かります。
その為、もうすこし歯を後ろにさげる為再度ITEROを行い
ゴムかけと⑲個のマウスピースを使いました。

こちらが最終的な歯並びの状態です。

             
 

まだ歯と歯の間が少し開いている所も数箇所ありますが、
そちらは保定用のマウスピースで少しずつ閉じる事ができるので
それで微調整を行うこととなりました。
今回で一応矯正の区切りはついたのですが、
せっかく治した歯並びが後戻りしてしまうのは残念なので
今後もしばらくは保定用のマウスピースをつけ続けます。
※マウスピースははじめの登録から5年以内であれば何度でもスキャニングをし
作製する事ができます!

今までは出っ歯な事を気にして笑った時に人の目を気にしたり、
また、写真にうつる自分を見て家族にも出っ歯だね、と言われていたのですが
それが改善されてとっても嬉しいです!
あの時矯正を始めて本当によかったなと思います。

始める前は少し勇気がいると思いますが、
私のように終わった時自分の歯並びを見てやってよかったな、と思って頂けたら幸いです。
皆さまも一歩踏み出してみてはいかがですか?
まずはお気軽に無料相談にお越しください。

後藤達也矯正歯科
☎0566-73-0311