こんにちは。

今回のブログは、カリエールモーションを併用したマウスピース型カスタムメイド矯正装置

(以下インビザラインとする)の症例をお見せしたいと思います。

 

患者様は、24歳女性です。

主訴は、「前歯が出ている」でした。

初診時のお口の中のお写真です。

 

 

奥歯の咬み合わせが1歯対2歯の関係ではなく1歯対1歯で咬んでいるので

上の歯が全体に前にある証拠です。

上下とも前歯にがたつきがあります。

その中でも左から3番目の犬歯という歯が上の方にあり、

いわゆる八重歯の状態です。

 

診断:上顎前突(出っ歯)・前歯部叢生(まえばのがたつき)・上顎左側犬歯低位唇側転位(八重歯)

 

患者様の装置の希望は、マウスピース矯正または裏側矯正でしたので、

両者のメリット・デメリットと適正装置のお話をさせていただき、

カリエールモーションを併用しながらインビザラインにて治療していくことにしました。

最初に下にはインビザラインのアライナーを1番から使っていただき、

上にカリエールモーションを装着し、

毎日20時間以上ゴムをかけていただきました。

アライナー番号12番にアライナーの変形があり装着できなかったため

一時インビザラインのマウスピースではなく当院で作製したマウスピースを装着していただき、

カリエールモーションを続けました。

カリエールモーションスタートから7ヶ月後のお口の中のお写真です。

 

 

右上の前歯の歯と歯の間に隙間ができています。

上の奥歯が後ろに下がった証拠です。

これで上下ともマウスピース治療に移行しました。

2回目のiTeroを行いました。

 

2回目のマウスピース数は全部で31個でした。

下の前歯の叢生改善と唇側傾斜改善のためにIPRを行いました。(歯の幅を小さくするための歯の削合)

上の前歯を下げるためにカリエールモーションでできた前歯の隙間を使います。

下の写真にあるボタンにゴムかけもしていただきました。

1個1週間ずつ使っていただき、

アライナー番号31番の時のお口の中のお写真です。

 

 

左上の前から3番目の歯がしっかりアーチの中に入りました。

上下とも前歯の並びも良くなりました。

咬み合わせの微調整のため3回目のiTeroを行いました。

 

3回目のアライナー数は、全部で18枚でした。

1個1週間ずつ使っていただき、

アライナー番号18の時のお口の中のお写真です。

 

 

咬み合わせも良くなりました。

これで保定期間に移行しました。

保定期間は、アタッチメントのないアライナーを装着していただいています。

 

矯正にかかった期間は、1年9ヶ月でした。

 

矯正費用

検査料:40,000円(税抜)

基本施術料:850,000円(税抜)

調整料:4,000円(税抜)

保定料:40,000円(税抜)

※現在の料金とは異なる場合がございます

 

矯正治療のリスク・デメリットについてはこちらのブログを参照ください。

https://gototatsuya.com/blog/2019/05/10/

 
ぜひ無料カウンセリングにお越しください。

TEL:0566-73-0311

https://gototatsuya.com/onlinecounseling/